あそび

お風呂で水あそびのススメ〜ビニールプールがなくても大丈夫。ジメジメした日や暑い夏こそお風呂ですっきり快適に遊ぼう

ゆかり
ゆかり
こんにちは!
元保育士で3児のママ、ゆかりです。

 

子どもが大好きな夏の遊びといえばプールで水あそび!!

冷たい水に触れて遊ぶことで、暑さも和らぎ、気分はスッキリしますよね。

 

夏の間は気温も高く十分に外遊びができないため、水あそびは必須と言えるでしょう。

室内あそびだけでは“思い切り遊んで発散させる”ということはなかなか難しいですもんね。

ゆかり
ゆかり
ひろーいホールなどがあって運動あそびなどができるなら別ですが…

 

あそびは子どもにとってなくてはならないもの。

さらに体を思い切り使って発散させることは健康的に過ごすためにも大切です。

 

とはいっても

 

“水あそびをさせてあげたいとは思うけど、プールを出すスペースがなくて…”

 

“プールを用意するのは結構大変で…”

 

という方も多いのではないでしょうか???

 

いろいろな事情で、お家ではなかなかプールで水あそびができなかったりしますよね。

だからといって毎日プールに連れていくのも大変。

 

ゆかり
ゆかり
そんな時はお風呂で水(お湯)あそびがオススメです。

 

 

お風呂で水(お湯)あそびのいいところ

お風呂あそびのいいところをあげてみたいと思います。

<お風呂あそびのいいところ>

  1. 特別な準備は必要ない
  2. 天候に左右されない
  3. 遊んだあとのシャワーや着替えなどがスムーズ

順にお話しますね。

 

①特別な準備は必要ありません

プールあそびでは、遊ぶ前にいろいろな準備をします。

プールの種類によりますが、ビニールプールならあらかじめ空気を入れておく必要がありますね。

シートを敷いてプールを出したら水を溜めておいてお日様に当てておいたりするでしょう。

 

遊ぼうと思っている時間よりかなり前から大がかりな準備が必要なんですね。

もちろん、片付けも同様です。

 

例えばパパがお休みの日などでは手伝ってもらったり、手分けをしながら準備ができるのでそんなに問題はないと思うのですが、“ママが一人で”という場合は結構大変です。

準備だけで疲れてしまうこともありますね。

 

またママの体調があまりよくなかったり、妊娠中だったりすると重たいものを運んだりするのも難しかったりします。

ゆかり
ゆかり
その点、お風呂では浴槽がプール代わりになるので、シャワーなどを捻ればすぐに水(お湯)を溜めることができます。

片付けも栓を抜くだけなので本当に簡単です。

 

②天候に左右されない

お天気に左右されないのもお風呂あそびのいいところ。

“プールをするにはお日様が出てない

→でもジメジメして暑い”

ということも多いですよね。

湿度が高くてジメジメしていると汗をかきやすいのもあり、心地よく遊べないこともあります。

 

そんなときにもお風呂あそびは最適!!

 

ゆかり
ゆかり
気温などに応じて水温(湯温)を調節できるので、安心して遊べますよ。

ちょっと水に触れるだけでも冷たくて心地よさを感じることができます。

 

③遊んだあとのシャワーや着替えがスムーズ

水あそびが終わったらシャワーをして着替えますよね。

 

外などでプールあそびをした後は、遊んだ後に浴室まで移動しなければなりません。

 

ゆかり
ゆかり

結構ポタポタ水が垂れたりと大変ですよね…

子どもが複数人いるならさらに大変。

 

 

お風呂あそびでは当たり前ですがすぐにシャワーを浴びることができます。

それこそ、水着をその場で脱いですぐにシャワーです。(水着を着ないで遊ぶこともあるかも)

 

この手軽さがありがたいです。

同じ場所で済んでしまいますから。

 

ゆかり
ゆかり
我が家では夏場は14時・15時頃などにお風呂で遊び始め、そのままシャワーをしてゆったり過ごすことが多いです。

 

少し早めの入浴のような感じです。

何度もシャワーをするのは大変ですしね。

 

お風呂あそびにデメリットってある?

手軽にできていいところだらけのお風呂あそびですが、場合によってはもちろんデメリットもあります。

メリットとデメリットを理解しつつ、上手に活用したいですよね。

 

お子さんの年齢などによってはデメリットを感じないこともあるかもしれませんが、私が個人的に感じるデメリットを挙げてみますね。

 

<お風呂あそびのデメリット>

  1. ダイナミックに遊べない
  2. 開放感があまり感じられない

こちらも順にお話しますね。

①ダイナミックに遊べない

プールの大きさにもよりますが、浴槽は大きさに限りがあるので、泳いだりなどダイナミックなあそびはできません。

 

ゆかり
ゆかり
我が家も4歳の長女が一人なら何とか無理やりバシャバシャできる程度。

2歳次女は丁度よさそうですが…w

娘二人ではやっぱり狭そうです。

 

思いっきりあそびたい子には物足りないときもあるでしょう。

ダイナミックにあそびたい場合はプールの方が向いています。

 

②解放感があまり感じられない

狭い空間なので解放感は感じづらいでしょう。

また“太陽の下で暖かい日差しを浴びながら冷たい水を触って心地よさを感じる”ということはお風呂あそびでは味わえませんよね。

 

太陽の暖かさや水の冷たさ、心地よさなどを感じたい場合は…

外に出てバケツやたらいなどに水を入れて遊ぶといいかも!

水に触れる程度の水あそびになりますが、意外と楽しめますよ。

ゆかり
ゆかり
濡れてもいい洋服などを着て、お外でちょっとした水あそびをしてみてもいいかもしれません。

気分転換にもなりますよ。

 

オススメのお風呂あそび

お手軽なお風呂あそびにですが、中にはお風呂あそびにはむかない遊び方もあります。

ここではお風呂でも十分楽しめるあそびをご紹介しますね。

おもちゃを使ってお湯あそび

バケツやじょうろ、スプーンやカップなどを使ってするおままごとはとても楽しいです。

スペースもそんなに取らないで遊べるのでお風呂あそびでも十分楽しめます。

 

使うおもちゃのバリエーションを増やしてあげれば、さらに遊びが広がりますね。

 

ゆかり
ゆかり
我が家の娘達はアイス屋さんになったり、ジュース屋さんになったりとごっこ遊びをしています。

お店屋さん、お客さんと役割を時々交代しながらやりとりを楽しんでいるようです。

 

泡あそび

泡あそびはお風呂ならではのあそびですね。

洗面器にボディーソープなど(ハンドソープでも)をプッシュした後にシャワーでお湯を入れるとふわふわの泡が簡単にできます。

 

泡の感触を純粋に楽しんだり、ソフトクリームなどに見立ててごっこあそびもできますね。

 

またスプーンなどで泡をすくってカップに入れるのも楽しいようです。

ごっこあそびもお湯だけの時よりもイメージを膨らませて遊べますね。

スプーンで石鹸水を混ぜると泡立つ様子に大喜びすると思いますよ。

 

長女(4歳)は直接手につけてシャボン玉を作るのにハマっています。

最初は全然できなかったのに、回数を重ねていくうちに一人でシャボン玉が作れるようになり、「ママー、見て見て〜」と嬉しそうにしています。

 

ゆかり
ゆかり
体につけて遊ぶのも気持ちいいようです。

 

そのまま体を洗うのもいいですね。

ゆかり
ゆかり
一人で洗えるようになるいいきっかけにもなります♪

 

洗濯あそび

泡あそびの応用で洗濯あそびもできます。

ゆかり
ゆかり
もちろん、泡を使わないでお湯だけで洗濯ごっこをしてもいいです!

 

おもちゃ用のバンダナやタオル、お人形さんのお洋服などを洗ってみても楽しいです。

 

お風呂場に干す場所を作ってあげられるなら、洗った後にしぼって干すと本格的に楽しめますよ。(浴槽にかけてもOK)

 

ゆかり
ゆかり
遊んだ後は必ず洗濯機でキレイに洗ってあげてくださいね。

そろそろ布おもちゃでも洗おうかな、というタイミングで洗濯前に遊ぶといいと思います♪

 

色水あそび

ペットボトルなどに色水を作っておけば色水あそびもできます。(絵の具と水を混ぜるだけ)

ジュース屋さんごっこが盛り上がると思いますよ。

*小さいお子さんは誤飲に気をつけて!!

 

最初は少し濃いめの色水を作っておいて、水が少なくなってきたらお湯を足してあげれば、繰り返し楽しめますよ。

ゆかり
ゆかり
濃すぎると物によっては染色してしまうので、ご注意ください

 

色水同士を混ぜて新しい色を作るのも楽しいと思います。

 

“赤と黄色でオレンジになった〜”など子ども自身も新しい発見ができて、夢中になるでしょう。

 

ゆかり
ゆかり
絵の具を使うので、遊んだ後のお片付けはお湯だけで遊んだときよりは気を遣いますが、楽しめること間違いなしです。

 

汚れたら(色がついたら)困るものはあらかじめ避けておいてくださいね。

 

◯◯すくい

お風呂の湯船を使って遊びます。

おもちゃのきんぎょ(100均などに売ってたりします)だったり、水風船だったり、スーパーボールだったり、何でもいいです。

 

深めのスプーン(おたまとか粉洗剤についているスプーンなど)やおもちゃのポイ(同じく100均などに売ってたりします)などですくって遊びます。

小さい子は手でつかまえるだけでも楽しいです。

 

お祭りなどで子どもが大好きなお店の1つですよね。

お家でなら、何度でも楽しめます。

 

ゆかり
ゆかり
1人でじっくり遊んでもいいし、複数人で競争してみても楽しいです。

 

 

お風呂で気軽に遊んで、暑い夏を乗り越えよう

いかがでしたか?

ビニールプールがなくても、お風呂で楽しく遊べる

ということが、わかっていただけたでしょうか。

 

暑い夏。

大人はお家でのんびり過ごしたいところですが、元気いっぱいの子ども達はそうはいきませんよね。

 

毎日どうやって過ごそうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ゆかり
ゆかり
頑張りすぎてしまうと、大人も疲れてしまいます。

 

お風呂あそびは特別な準備も必要ありません。

好きな時間に遊ぶことができます。

 

“よしっ、遊ぶぞ”と気合いを入れなくても、普段の入浴のついでに遊んでもいいのです。

 

我が家のパターンは午後のタイミングのいい時間で、お風呂場でたっぷり遊んでから→シャワーや入浴といった感じです。

 

無理なくできて、楽しいので本当にお手軽です。

そして遊び方もアレンジができるので飽きることなく遊べます。

 

ゆかり
ゆかり
そしてお風呂場はほとんどのお家に必ずあるものですから、使わない選択肢はないと思います。

思いっきり活用して、暑い夏を楽しく過ごしてくださいね。

 

 

 

ABOUT ME
ゆかり
2015年生まれと2017年生まれの二人の女の子のママです。 次女が生まれる前までは現役の保育士として働いていました。 保育士としての理想と母としての現実に葛藤しながら...(笑)マイペースに日々過ごしています♪ 2019年秋に長男を出産しました。 久しぶりの赤ちゃんに癒されつつ、賑やかな毎日を送っています(笑)