あそび

保育園では定番のあそび!子ども心をくすぐる感触あそびをお家でもやってみよう♪〜ご家庭でもできる感触あそびのご紹介〜

ゆかり
ゆかり
こんにちは!
元保育士で3児のママ、ゆかりです。

 

突然ですが…

感触あそびってご存知ですか?

幼少期にはかかせない、とても大切なあそびです。

 

0歳児からでも楽しく遊ぶことができて、子どもの発達にとてもいいあそびと言われています。

ゆかり
ゆかり
保育園や幼稚園などでは、この感触あそびをカリキュラムに取り入れています

といっても、そんなにだいそれたあそびでもなく…
水あそび、砂あそび、粘土あそびなど、誰もが子どもの頃遊んだことのあるものばかりです。

 

いろんな感触を楽しんであそぶこと。

これが感触あそびです。

 

いろんな感触を楽しむこと。
子ども達が大好きなことですよね。

 

ゆかり
ゆかり
大好きなあそびであり、幼少期にはかかせない大切なあそび。
それならやるっきゃない!!と思いませんか(笑)

 

この記事ではご家庭でも簡単に楽しめる感触あそびをご紹介したいと思います。

 

砂あそび(泥んこあそび)

誰もが子どもの頃遊んだことがありますよね。

砂あそびも立派な感触あそびです。

 

さらさらとした砂の感触。

冷たくて気持ちがいいんですよね。

触るだけでも十分、楽しいあそびです。

 

水を加えればさらにあそびも発展していきます。

水の量によって遊び方も変わってくるのがおもしろいところ。

少しだけなら砂は湿って固くなり、カップやバケツなどに入れると型抜きが楽しめます。

またコツは要りますが、おだんごも作ることができます。どうやったら固いおだんごになるのか工夫していろいろ試したりします。

 

水をたくさん加えれば、たちまち泥んこ遊びになります。

簡単にできるのは雨上がりの水溜まりでしょうか。(最近は砂場でも泥あそびができないところが多いんですよね…)

ぬかるみで滑ることを身をもって学んだり、泥んこの冷たさに気持ちよさを感じることもありでしょう。

 

砂場については衛生面だったり、水の使用を禁止していたりすることもあり、思う存分遊べないところも多いです。(とても残念)

 

時々、子ども向けの施設などで砂あそびができるところもあるので、参加してみるのもいいかもしれませんね。

 

また実際の砂とは感触が異なりますが、家庭で砂あそびができるおもちゃもあります。
衛生面など気になる方は下の画像のおもちゃを使ってみるといいかも♪

 

ゆかり
ゆかり
個人的には自宅に砂場があればいいのに…と思うくらい砂あそびは子どもにとってオススメのあそびです。

 

 

水あそび

水あそびは夏ならではの感触あそびです。

全身を使ってダイナミックに遊んだり、おもちゃを使って、ごっこ遊びを楽しむこともできます。

 

自宅でするならビニールプールかお風呂ですかね。

また公園などでもビニール袋に水を入れたり、バケツなどに水を入れて遊ぶこともできますね。(もちろん、プールや海も楽しい。)

ゆかり
ゆかり
水の冷たい感触に触れて楽しむのが水あそびの醍醐味ですが、お風呂などでのお湯あそびも立派な水あそびです。

 

我が家はよくお風呂で遊んでいます。(お風呂に入るついでだったり、夏場はお風呂で遊んでから最後にシャワーをしたり…)

お風呂で水あそびのススメ〜ビニールプールがなくても大丈夫。ジメジメした日や暑い夏こそお風呂ですっきり快適に遊ぼう 子どもが大好きな夏の遊びといえばプールで水あそび!! 冷たい水に触れて遊ぶことで、暑さも和らぎ、気分はスッキリしま...

 

特に夏場は暑くてお外に出られないので、お風呂あそびで発散させることも多いです。

おすわりができれば、0歳児の子もちゃぷちゃぷ楽しめます。

じょうろなどのシャワーをかけると大喜び。

汗を流せるので、汗疹の予防にもなりますよ。

 

水だけでなく泡で遊んだり、絵の具などを使って色水あそびをしても楽しいですよね。

また、氷を使うとさらに違った冷たさを感じることもできます。

水あそびは楽しいものですが危険も伴います。

ほんのちょっとの水でも子どもは溺れてしまうことがあるので、必ず側で見守ってくださいね。

決して目を離さないでください。

 

粘土あそび

粘土あそびも子どもは大好きですよね。

 

粘土にも種類があって、油粘土、紙粘土、小麦粉粘土などがありますが、小さい子でも安心なのが小麦粉粘土。

市販のものもありますが、簡単に自分で作ることができるのでお手軽ですし、オススメです。

ゆかり
ゆかり
材料は小麦粉、塩、油、水、これだけです。(本当に簡単。)

 

粘土は感触を楽しむだけでなく、想像力を働かせて自由な発想で作ることを楽しむことができます。

自分の思う通りに作っていくことができるので、大人も一緒に遊ぶと夢中になってしまうでしょう。

粘土あそびからおままごとなどに発展することも多いです。

 

  • 長女も粘土は大好きで、パン屋さんになったり、お寿司屋さんになったりと夢中で遊んでいます。
  • 2歳の次女はこねこねしたり、見よう見まねで型抜きをしたりしています。

 

ゆかり
ゆかり
幅広い年齢でも夢中になって遊べるのが粘土あそびの1番の魅力ですね。

最近では粘土あそびを楽しめるおもちゃの種類も豊富なので、上手く取り入れるとよりあそびが深まっていくでしょう。

 

寒天あそび

寒天あそびも子どもが大好きなあそびです。

保育園ではよく夏のあそびとして楽しんでいました。

寒天は冷たくて見た目も涼しげなので、暑い夏にぴったりです。

プルプルする寒天に子どもの目はキラキラ。

 

ゆかり
ゆかり

ゼリーのように見えるので、思わず食べたくなってしまう子も…

お気をつけください。

 

手に乗せてプルプル楽しんだり、潰してみたり、おままごとの包丁をつかってリアルおままごとを楽しんだりと遊び方は自由です。

遊んでいくうちに寒天が小さくなり散らばるので、テーブルの上で遊ぶことをおすすめします。

床にはレジャーシートなどを敷くとなお、いいです。

小さくポロポロ?バラバラになった寒天が、洋服などにくっつくことがあります。

遊び終わったら、洋服を脱がせてシートなどの上で寒天を払い落としてからお洗濯してくださいね。

 

新聞紙(紙)あそび

新聞紙などを破いて(ちぎって)遊ぶのも感触あそびです。

ビリビリという音が子どもは大好きです。

 

普段、絵本などを破いてしまって困ってしまうことはありませんか?

子どもは破る行為が本当に好きなんです。

 

 

ゆかり
ゆかり
なので、思い切りやらせてあげましょう。

かなり発散できますよ。

 

保育園では雨の日にはよく新聞紙が登場して子ども達の遊び道具になっていました。

たくさん破いて雪を降らせたり(乳児クラスでは大喜び)、段ボールなどに入れてプールにしたり、いろいろな楽しみ方があります。

 

我が家は新聞をとっていないので、気軽にできなくて残念です。

要らなくなった紙を使って遊ぶこともありますが、大きさや柔らかさなどはどうしても新聞紙に劣ります。

 

破いて遊ぶには新聞紙が1番最適なので、ご家庭にある方はぜひ新聞紙を活用してみてください。(新聞紙がない方は、つるつるしていない広告の紙やコピー用紙などを使ってみてください。)

 

ビニール(袋)あそび

ビニール袋も子どもにとっては立派なおもちゃです。

カサカサと音がなるので、小さい子でも楽しめます。

 

空気を入れて膨らませれば風船に早変わり。

水を入れればひんやり冷たいですね。

氷を入れても楽しいでしょう。

スライムなどの小さい子に直接さわらせるのが心配な素材も、袋ごしなら安心です。(ジップロックなどがいいと思います。)

 

感触あそびが苦手な子もビニール袋に入れてあげればさわれるかもしれません。

粘土もビニール袋ごしで触ると、感触がまた少し違います。

ちぎった新聞紙なども入れると音が鳴っておもしろいです。

ゆかり
ゆかり
いろんなあそびに活用できて便利ですよね。

便利なビニール袋ですが、床などに置きっぱなしにしておくと、踏んでしまって滑って転んだり、子どもが頭から被ってしまうと窒息するなどの危険があります。

十分お気をつけください。

 

番外編〜食品を使ったあそび

身近にある食品でも感触あそびを楽しむことができます。

といっても食べ物をあまり粗末にはしたくないので、感触を楽しみつつ、簡単なクッキングをしてみませんか。

 

キャベツの葉をちぎったり、いんげんをポキポキ折ったり、しめじをさいたり。

こんにゃくもちいさくちぎるとおもしろいです。

料理の下ごしらえを子どもと一緒にすることで感触を楽しむことができます。

ゆかり
ゆかり
他のあそびとは違ってあまり自由にはできませんが、子どもは喜んで手伝ってくれると思いますよ。

 

感触あそびのいいところ

子どものあそび=学びの場です。

感触あそびでは全身を使っていろんな感触(感覚)を味わうことができます。

楽しむことで脳にもとても良い刺激になります。

五感(感覚)を十分に使ってあそべるところは魅力的ですよね。(味わうことしませんが…)

 

  • 見て楽しむ。
  • 触って楽しむ。
  • 音を聞いて楽しむ。
  • 匂いで楽しむ。

 

いろんな変化が楽しめるのも感触をあそびのいいところです。

変化の中から、子どもはたくさん発見をします。

また変化があるからこそ、子どもは自分で考えて工夫するようになります。

“どうやったらできるかな?”など考えるようにもなります。

楽しみながらも、頭をフル回転させて、いろんなことを経験して学んでいくんですね。

 

ゆかり
ゆかり
たくさんの感触に触れて、満足感を十分に味わいながら、心も体もすくすく育ってほしいものです。

 

ご紹介したあそびは比較的ご家庭でも取り入れやすい(汚れにくい)ものになります。(泥んこは汚れますが…外なのでお洗濯が大変くらいでしょうか。)

 

保育園などでは、絵の具あそびなども室内でもダイナミックに楽しめますが、お家ではそういうわけにはいきませんよね。

絵の具を使ったあそびなどは制限をかけるくらいなら、あまりやらない方がいいと思います。

遊んでいるうちに絶対に激しくなり、絵の具があちこちに飛び散ります。

そして掃除が大変…でも、思いっきり遊ぶ。それが楽しいんですよね。

ゆかり
ゆかり
無理せず、上手に遊びに取り入れてもらえたら嬉しいです。

ご紹介した各あそびについても細かく記事にしていきますので、よかったらご覧くださいね。

 

ABOUT ME
ゆかり
2015年生まれと2017年生まれの二人の女の子のママです。 次女が生まれる前までは現役の保育士として働いていました。 保育士としての理想と母としての現実に葛藤しながら...(笑)マイペースに日々過ごしています♪ 2019年秋に長男を出産しました。 久しぶりの赤ちゃんに癒されつつ、賑やかな毎日を送っています(笑)