あそび

保育園でも実践済み!?0.1.2歳は遊びながら節分気分を味わおう

2月3日は節分です。

子どもにとってはドキドキ(ちょっと怖い?)しちゃうイベントの1つですが、0、1、2歳くらいの小さなお子さんにとってまだ参加しづらかったりしませんか?

 

節分とは言えばやっぱりメインは鬼と豆まきです。

子どもが小さいと鬼は怖がっちゃうし、豆はまだ食べられないし…と楽しむにもハードルが高いようです。

 

大人が主体になって雰囲気を味わうでもいいと思います。

鬼が怖くて泣いてしまうのも、小さい時期だからこその思い出になりますね。

 

それでも中には

 

“泣かせてしまうのは何だか可哀想で”

 

“小さい子なりに節分気分を味わえないかな?”

 

という方もいると思います。

 

小さい子なりに無理なく日本の伝統行事に触れ合えたら、言うことはないですよね。

 

 

実際に保育園でも0、1、2歳児クラスでは節分という行事をあそびに取り入れ、無理なく行事に参加できるような工夫をしています。

 

ゆかり
ゆかり

今回は0、1、2歳でも楽しみながら節分の雰囲気を味わえるような方法をご紹介しますね。

 

 

絵本を読んで鬼に触れてみよう

 

鬼を題材にした絵本がありますよね。

鬼=怖いものと思いがちですが、可愛い鬼のお話もあるんですよ。

可愛い鬼のお話なら小さい子も楽しんで見ることができます。

鬼に興味を持つチャンスですね。

繰り返し読み聞かせてあげることで、自然と鬼に親しみを持つようになります。

 

オススメの絵本

 

★おにの子あかたろうシリーズ

 

〈おにの子あかたろうのほん〉

・あかたろうの1・2・3の3・4・5

・へえー すごいんだね

・つのはなんにもならないか

作 きたやま ようこ / 偕成社

 

 

赤鬼のあかたろうくんのお話です。

鬼のシンボルであるつのに困ったり、お友達のおにの子たちとの色の違いを不思議に思ったり…

とってもほのぼの可愛いお話です。

 

https://amzn.to/389rw5O

 

★ももたろう

 

こちらは可愛い鬼ではありませんが、鬼退治=豆まきを連想させやすいです。

子どもがももたろうになりきって、鬼を退治するのもありです。

節分当日はももたろうのハチマキをつけて、鬼退治(豆まき)をしてみてはいかがですか。

https://amzn.to/30rp5Zt

 

鬼のお面をつくろう(なりきりあそび)

 

絵本のあかたろうくんのような可愛い鬼のお面を作ってみましょう。喜んでおにの子になりきると思います。

大きめサイズも作って、親子で被っても楽しめます。

 

簡単にできる鬼のお面

 

①色画用紙に顔の形を描く

 

②画用紙をハサミで切る

 

 

③髪の毛色の画用紙を細長く切る

 

④顔の大きさに合わせて目などのパーツ、つのを作る。(マイタックシールだとより簡単です)

 

ここまでが準備になります。

 

 

⑤髪の毛を貼る。(隙間が開いていても可愛い)

 

⑥顔パーツを貼りつけていく。

 

⑦最後につのをつける。

 

頭の大きさに合わせて画用紙と輪ゴムで帯を作り、ホチキス等でつければ、可愛いお面の出来上がりです。

 

ホチキスは芯の部分が危ないので、頭に触れる面が芯の平らな方になるようにして、さらにセロテープなどを上から貼って保護してくださいね。

心配な場合は、すぐに取れてしまいますが両面テープなどでつけてもいいと思います。

 

遊ばないときはお部屋に飾っておいても可愛いですね。

 

豆まきごっこ

 

新聞紙やガムテープなどを丸めて豆を作って投げて遊んでみてはどうでしょう。

実際に豆まきをしようといっても、どんなことをするのか、子どもにとってはわからなかったりします。

また本物の豆は小さすぎて誤飲なども心配です。

 

 

ゆかり
ゆかり

食べちゃダメ!!と声をかけるのもかけられるのも意外とストレスがかかるもの。

だったらお互いストレスフリーの大きな豆で豆まきをしましょう。

 

 

大きな豆が入る、豆入れも用意するとよりいいでしょう。

子どもによっては豆がなくなった後も自分で拾って豆入れに入れ、また投げて遊んだりします。

 

豆入れはご自宅にある入れ物を使っても、廃材などで作ってもどちらでもいいでしょう。

小さなバケツは取っ手もついているので、使いやすいです。

 

また前述のももたろうごっこも楽しめますね。

その時には豆がきび団子に早変わりです。

 

節分の日だけでなく、1月中旬頃から何気なく遊びに取り入れて、投げてみてください。

小さい子にとっては行事前から慣れ親しむことが、当日楽しく過ごすためのポイントとなります。

 

ゲームにして遊んでも楽しいですよ。

鬼が苦手な子にオススメ。豆まきゲームで鬼をやっつけよう! 節分といえば豆まき。 普段は豆を投げたら怒られちゃうのに、この日ばかりは堂々豆と投げられる(笑)子どもにとっては楽...

 

鬼を作って盛り上がろう

 

豆まきごっこや当日の豆まきで、大人がお面などをつけて鬼に変身してもいいのですが、大人が一人しかいないと必然的にその大人が鬼になるため、子どもは鬼と二人きりになりますよね。

鬼がママやパパなどの身近な大人とはいえ、不安になる子もいると思います。

 

それなら鬼を作ってしまいましょう。

 

大がかりに作る必要はありません。

 

 

例えば、お面を壁などに貼ったり、吊るしたりしてそれを的にしてもいいです。

 

紙に描いた鬼の絵を(こちらはできれば全身を描いてくださいね。)空き箱や段ボールに貼ってもいいです。

 

ペットボトルや牛乳パックを使ってもいいですね。

 

 

大きくなくてもいいんです。

リアル過ぎなくてもいいんです。

 

「鬼さんがいるよ〜」

 

その一言で子どもにとっては鬼に見えることでしょう。

大人も一緒に創造力を膨らませることが大切です。

 

 

慣れてきたら、例えば、箱などを動かしたり、「助けて〜」などと言って持って逃げてみてください。

 

喜んで追いかけたりしますよ。

 

 

最後に

 

豆まきをしたら豆を年の数+1つ食べるのが風習としてあります。

0歳はもちろんのこと、1、2歳も小さな豆を食べるのは、誤飲や窒息の可能性があり危険です

 

でも、雰囲気だけは味わいたいですよね。

 

そんな時、保育園で食べていたのが卵ボーロでした。

色も形も何となく似てますからね。

 

折り紙で折ったおさんぼうの中にお弁当用のおかずカップを敷いてボーロを入れれば、気分は節分の豆です。

いつも食べるボーロとは違い、特別感を味わえるでしょう。

 

上に兄姉がいると同じものを欲しがっていかにも赤ちゃん用のものを食べなかったりすることがありませんか?

 

我が家の次女もそうで、最近ではごまかしがきかなくなってきました。

ねーねと同じものが欲しいのですね。

 

おさんぼうに入っていれば、中身は見えにくいし大丈夫かなと思っています。

ちなみに保育園の子達はそばで大きい子が豆を食べていましたが、気にせず自分のボーロを食べていました。(中身の違いに気づいていない可能性あり)

 

もしそれでもバレてしまったら…(笑)

上の子もその時はボーロにして、後でこっそり豆をあげようと思います。

 

 

<*追記>

次女にはバレず!!でしたが、まさかの長女が卵ボーロを欲しがり…一緒に卵ボーロを食べました(笑)

ゆかり
ゆかり

予想外の展開…まぁ、卵ボーロおいしいしね。

 

 

小さい子も小さいなりに行事に触れ、経験することで、刺激を受けたくさん学んでいきます。

 

一般的な節分とは違いますが、年齢に合った行事の参加の仕方も時には必要です。

 

ゆかり
ゆかり

行事に興味を持つことが小さい子どもにとって1番だと思いますので、そのきっかけ作りになれば嬉しく思います。

 

 

ABOUT ME
ゆかり
2015年生まれと2017年生まれの二人の女の子のママです。 次女が生まれる前までは現役の保育士として働いていました。 保育士としての理想と母としての現実に葛藤しながら...(笑)マイペースに日々過ごしています♪ 2019年秋に長男を出産しました。 久しぶりの赤ちゃんに癒されつつ、賑やかな毎日を送っています(笑)